>
 私たちの考え方について
>
 Houseじゃなく Home   〜家族が帰る場所〜
〜家族が帰る場所を楽しい場所にしよう。〜
<
「箱としての家」ではなく、「家族が楽しく健やかに過ごすための家」をみんなでつくる。
そんなことをいつも考えています。

>
 Creates with Couple   〜いつもいっしょに〜
〜ふたつの ”Y 〜
<
Y がふたつ。いつも夫婦一緒に考えて、一緒につくる 。考えるプロセスに 家族 というフィルターがかかっています。
いつも
 人  を中心にした住まいづくりのスタイルは、ここから始まっています。
>
 About the design   〜私たち建築家と一緒につくる〜
〜人と人とがしっかり向き合う住まいづくり〜
<
設計すること、デザインすることは、人の想いを具体的な形に変換していく作業にほかなりません。
まず、私たちに自分の想いをぶつけてみてください。
設計・デザインを進めていく過程で、さまざまな想いが少しづつ形になっていくはずです。
大雑把な想いは、設計を進めていく過程で、少しづつ具体的な形へと変換されていきます。
その変換作業をする人間によって、少しづつ答えは違うものになってくるはずです。
私たちのような、個人の建築家に設計を依頼する場合、人としての私たちを、見据えていただく必要があると思います。
組織でなく個人単位で考え決定していく以上、出来上がる建築は、私たちのような匂いのする建築になるのです。
ですから、私たちに会ってみてどんな人間か?知っていただくことが一番大切なことだと思います。

>
 Naturaly   〜自然体・おおらかな空間〜
〜ナチュラルで居心地のいい空間づくり〜
<
いつも自然体であること。それが私たちの目指す空間づくりです。
場所・人・etc。さまざまなことにおいて自然体であり続けることが、
豊かな美しい空間を実現してくれるのだと信じています。
そして、居心地のいいおおらかな空間になってくれるのです。

>
 Design of living  〜暮らしをデザインする〜
〜あたらしい生活をイメージした空間づくり〜
<
それぞれの家庭にそれぞれの家族に対する思いがあり、考え方があるはずです。
そんな考えを伺いながら、設計を進めていきます。そんな考えが住まいのかたちを造っていくのです。
そして出来上がった住まいのかたちが、家族のあり方に影響を与えて変化していきます。
そんなことを考えながら住まい造りに取り組んでいきます。
ですから、打ち合わせにはご家族みんなで参加してくださ
い。
>
 to see face  〜顔の見えるものづくり〜
〜責任ある仕事のために〜
<
住まいづくりに参加するすべての人たちに、責任を持って仕事をしてもらうために
みんなの顔が見える住まいづくりに取り組んでいます。

>
 Domestic production   〜国産材を使う〜
〜環境、健康のために〜
<
建築の用途や、法律の規制によって様々ですが、
木造で建築をつくるときは国産材を使うようにしています。

日本の林業や、さまざまな環境の問題は、皆さんよくご存じなことだと思いますが、
少しでも環境に対する負荷を減らすためにも国産材を使うことは大切なことだと思います。
また、一つの材料が山から出てくる過程には、きこりさんをはじめ、こだわりを持ち、
愛着を持って働くさまざまな人々がかかわっています。そんな人たちに接し、
一緒に作り上げていくことは、喜びでもあるはずです。そして住まいに物語を与えてくれます。
その「ものがたり」は住まいを愛着のあるものへと導いてくれるのです。
チーフ建築家:吉川代助
コラボレーション建築家:吉川恭子
2人による建築家ユニットです
Ys建築工作舎 Top>Concept
お問い合わせはこちら
トップページニュース作品集こども・ワークショッププロセス問い合わせプロフィールリンクブログ
Ys建築工作舎 一級建築士事務所
chef Architect 吉川代助 oshikawa Daisuke
collaborationArchitect 吉川恭子 oshikawa Kyoko
Add 愛知県名古屋市守山区大森八龍 2-626
Tel/Fax 052-768-2700/052768-2701
Mail Architect0Ys@aol.com